学資保険加入の大切なポイント

学資保険に入るには、まずどの会社の保険に入るか?というのを見極めて、そこから入る会社を選び、そして契約するという流れになります。
必要なのはできるだけたくさんの会社の学資保険の内容をチェックし、“比較”することです。
かなり数が多いので、決して全ての会社にというわけではありませんが、最低でも3社以上は比較検討をするようにしましょう。
種類が多い分各社ともに多かれ少なかれ保障内容やサービス、特約の内容に違いがありますので、それをきちんと確認するようにしましょう。

もちろん、比較を始める前にあらかじめどのような学資保険の保障内容を希望しているのか?という点を固めておく必要があります。
比較・検討を進めていくうちに当然自分が知らなかった保障内容などの知識が増えていくでしょうから、そこでまた新たに考えや希望・目的が変わることも多いにありえますがまずは気分が希望する学資保険の内容というのをある程度固めておくと比較検討がしやすくなります。

チェックすべきポイントとしては、貯蓄型にするか保障型にするか?満期を何歳にするか?祝い金や一時金などの制度のあるものにするか?満期一括で受け取れるものにするか?特約を何かつけるか、支払いはどの期間に設定するか?(月・半年・1年単位などがあります。)
など、こういったポイントをしっかり確認し、自分の希望にしっかりあったものを選びましょう。
また、満期になるまでの期間が長い保険ですから、きちんとその保険料を納め続けていけるかどうか?保険料が家計の大きな負担にならないか?無理をしていないか?というところも大切なポイントとなります。

家計にも合い、なおかつ希望する保障内容が揃っているところを見つけたら次は申し込みです。
申し込み前に説明や規約などをしっかり読み込んでおき、理解できている状態にしましょう。
分からないことも当然ありますが、不明な点については必ず問い合わせることが大切です。
分からないまま契約してしまった際、勘違いで損をした気分になってしまうこともあるので、このポイントも非常に重要です。

また、その他にも契約者を誰にするのか(父親・母親)満期を迎えた際に元本割れがないかどうか?支払いの単位によって保険料も若干変わりますから月単位で払うか?年単位で払うか?などをきちんと決めておくようにしましょう。

関連
がん保険のことなら